コレステロール・中性脂肪対策ガイド

悪玉コレステロール・中性脂肪が高い

健康診断があるたびに不安がよぎっていませんか?

 

健康診断があった方は、数値が以下の3つを満たしてないかチェックしてください。

 

  • 悪玉コレステロールが高い
  •  

  • 中性脂肪が高い
  •  

  • 活性酸素が多い

 

3つすべてを満たす場合は、近い将来かなりの確率で、動脈硬化などの血管の疾患に襲われる可能性があります。

 

偏った食生活によって、蓄積された悪循環のある体質を、改善によって変えていくことが必要です。

悪玉コレステロールがどろどろ血にする。

コレステロールの多い食品をとり過ぎるなどして悪玉コレステロールが増え過ぎると、細胞に取り込まれることができず、血液中にあふれます。

 

余った悪玉コレステロールは、動脈の内膜層に付着してしまうのです。
善玉コレステロールはは、動脈壁に付着した余分なコレステロールを回収し、肝臓に運びます。

 

また、悪玉コレステロールは、活性酸素に結びついて、酸化されると体に悪影響をもたらします。

 

体内の脂質代謝の状態をみるには、悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスが大切なのです。

 

 

コレステロール・中性脂肪を低くする3つの方法

 

「生活習慣病の原因」活性酸素の対策