コレステロール・中性脂肪対策ガイド

生活習慣病の原因は「活性酸素」

生活習慣病の多くが体内にある活性酸素のせいで起こるとされています。

 

体内には活性酸素がたくさんあります。
活性酸素が悪化してしまうと、糖尿病やがん、高脂血症などの病気を引き起こしてしまいます。

 

中でも糖尿病は、一番強く影響を受けています。
体内の活性酸素がブドウ糖の消費を妨げてインシュリンの産出を抑えてしまうからです。

 

健康な人の場合ある程度活性酸素を体内から排出してバランスを保っていますが、偏食の人やカロリーの過剰摂取をしている人、不規則な生活をしている人などは体の機能が衰えてしまうために活性酸素がたまってしまいます。

悪玉コレステロール+活性酸素 = 血管をつまらせる

悪玉コレステロールが血液中で増加すると、血液の濃度が増してドロドロ状態になり、血流が悪くなります。

 

この過程でいちばん問題になるのは、悪玉コレステロールが活性酸素(体を酸化させる働きが強い酵素)によって酸化されることです。

 

つまり、
悪玉コレステロール + 活性酸素 = 血管をつまらせる
だということを覚えてください。

 

ドロドロ血液の中で、数が増えた悪玉コレステロールは停滞しやすくなり、行き場を失ったLDLは動脈の血管壁の中に入り込まれて、血管がどんどんつまっていきます。動脈硬化などの血管疾患はこれが原因です。

 

 

 

コレステロールを下げるサプリメント

コレステロールが高い方に、世界が認めた白井田七