コレステロール・中性脂肪対策ガイド

中性脂肪を減らす納豆

納豆は、中性脂肪値・コレステロール値を減らします。

 

納豆菌が作り出すナットウキナーゼは、このtPAを作る働きを高めて、血栓をどんどん溶かしてくれるのです。よく「納豆を食べると、血液がサラサラになるよ。」といわれる理由は、このナットウキナーゼの作用にあったのです。

 

血栓予防作用や骨粗しょう症予防作用、また肝機能改善の効果は多くの臨床実験で認められています。

 

ナットウキナーゼの血栓溶解作用は、非常に強く、なんと病院の点滴よりも強い効果があります。今でもウロキナーゼは、心筋梗塞や脳梗塞の時に緊急点滴に使われている血栓溶解剤なのですが、それよりもナットウキナーゼのほうが効果が高いという事実は納豆がどれだけ体にいいのか、先人の日本人の知恵にはまったく頭が下がります。

 

朝食にはごはんと納豆と味噌汁。
実はすごい健康により組み合わせなのです。