コレステロール・中性脂肪対策ガイド

中性脂肪を減らす牡蠣

牡蠣といえば、お酒の飲みすぎたときに飲みますよね。
牡蠣が肝障害に効果があることは、すでによく知られています。

 

牡蠣の効果はしかしそれだけでないことはわかってきました。
なんと中性脂肪を減らす効果も牡蠣にはあるというのです。ノエビアがラットによる実験により、研究発表しました。

 

牡蠣に含まれる牡蠣酵素分解ペプチドに、中性脂肪の低減効果があります。ペプチドとは、分子量が大きくて体内に吸収しにくいたんぱく質を細かく砕いて、分子量の小さなものにしたもので、さらに細かく砕くといわゆるアミノ酸となります。

 

体内でたんぱく質を取り込むと、
たんぱく質 → ペプチド → アミノ酸
をいう分解作用が体内で行われているのです。

 

アミノ酸の効果はよく知られていますが、このペプチドが、牡蠣の場合(牡蠣ペプチド)、中性脂肪を低減させるというわけです。

 

牡蠣に中性脂肪を減らす効果があるのは意外ですね。