コレステロール・中性脂肪対策ガイド

コレステロール・中性脂肪を低くする3つの方法

油っこい食事のときほど、中性脂肪を減らす食材を添えて食べます。
中性脂肪を減らす食材と言うのはいろいろとあります。
組み合わせによって、バランスのとれた食事にすることが可能です。

 

 

 

@ 食物繊維で中性脂肪を減らす

 

中性脂肪を減らす(下げる)ためにオススメなのが食物繊維です。食物繊維は、体内の中性脂肪を吸収し、便として排出されます。中性脂肪の他にも、コレステロールや糖質なども吸収します。食物繊維というと、便秘解消でおなじみですが、中性脂肪を減らす(下げる)働きもあるのです。

 

食物繊維をどれくらい摂取すれば効果的なのでしょうか?
それは、一日に20〜25rとされていて、野菜300g、イモ類100g、果物200gというぐらいです。この山盛りの食物繊維を食事の中でたくさんとるには、調理も工夫する必要があります。

 

一日に必要な食物繊維がとれる健康食品のようなものもあるので、そういうものを食事と共に利用して中性脂肪を減らす(下げる)工夫をしてください。

 

 

 

A DHAで中性脂肪を減らす(下げる)

 

いわしやあじなどの青魚の摂取をしましょう。
同じ脂肪でも、青魚に含まれている脂肪には、IPAやDHAと呼ばれる不飽和脂肪酸が多く含まれています。

 

不飽和脂肪酸は、肝臓で中性脂肪が作られるのを抑える働きがあるため、青魚は中性脂肪を減らす食事です。

 

青魚以外でもDHAは含まれていますが、よりたくさんそれらを摂取したいのであれば青魚の食事がオススメです。
魚の脂肪を落とさないように摂取しましょう。食べすぎないよう適度にバランスを見ながら、食事をするようにしましょう。

 

 

 

B コレステロールを下げるサプリメントを活用する

 

コレステロールを下げるサプリメントがあることを知っていますか?
厚生労働省が安全性や有効性を認めた食品で、最近ではいろいろなものが商品として販売されています。

 

料理油や、飲料水などで多く見られます。中性脂肪を減らす(下げる)効果のある特定保健食品というものもありますので、こういったものを、普段の食事とプラスアルファにして活用していくことはかんたんでオススメです。

 

ただし、サプリメントはあたりはずれがあります。
効果が確実なもの、自分の体に合うものをチョイスできなれければ、まったく効果のないものになるので、やはり定番商品か、評価の高い商品を選択することが大切です。

 

 

 

 

コレステロールを下げるサプリメント

コレステロールが高い方に、世界が認めた白井田七